婦人病


婦人病とは、近年増加傾向にあるもので、様々な婦人病があります。

主なものでも、「子宮頚部がん」「子宮体部がん」「乳がん」「卵巣がん」「子宮筋腫」「子宮内膜症」「卵巣のう腫」「不妊症」「妊娠中毒症」「乳腺炎」「乳腺症」「膀胱炎」「更年期障害」など、たくさんあります。

そして、毎日使っている日用品に含まれる経皮毒性の化学物質が、婦人病に大きく関与しているといわれています。

また、合成界面活性剤などの化学物質は体内に取り込まれると環境ホルモンになって残留することがあります。

そうすると、生体のホルモンバランスを崩し、とくに女性ホルモンであるエストロゲンに似た作用を示すものはほとんど悪影響を受けてしまいます。

また、近年若い女性の間で子宮筋腫や子宮内膜症が増えているのは、洗剤やシャンプーなどに含まれる合成界面活性剤の影響が大きいと考えられています。

さらに性器は非常に経皮吸収されやすい部位のため、生理用ナプキンやタンポンなどの生理用品に含まれる有害化学物質が取り込まれ、これらの弊害を引き起こしているという説もあります。


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド