洗剤


洗剤も経皮毒の危険性を多いに持つものです。

洗濯用にしろ、台所用にしろ、合成界面活性剤が含まれていて、肌のバリアを傷つけます。

また、洗濯用洗剤には、洗浄作用、殺菌作用、漂白作用の3つの効果を出すために化学物質が使用されています。 とても危険なものです。

確かにキレイに洗えるかもしれません。

ですが、それと引き換えに、わざわざ有害物質を体に取り込んでいるのです。

多少汚れが落ちづらくとも、体のことを考える方がいいのではないでしょうか?

台所用洗剤も日常的に使うものなので、注意が必要です。

洗いものによる手荒れなどは、その最たるものですね。

洗浄力・殺菌力を高める代償として、皮膚のバリアを破壊しているのです。

どちらの洗剤にしても、できるだけ無添加のものを使う方がいいでしょう。

経皮毒の積み重ねはコワいですよ。


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド