シャンプー


経皮毒で一番話題にされるのがシャンプーではないでしょうか。

その理由は明快で、シャンプーには、非常に多くの経皮毒性の化学物質が含まれているためです。

また、シャンプーには、合成界面活性剤が使用されていることが多く、保湿剤・乳化剤・防腐剤・着色剤などにもさまざまな経皮毒性のある化学物質が使用されています。

頭皮は経皮吸収しやすい個所ですし、入浴中は体温上昇・血行促進により、経皮吸収率がさらに高まってしまいます。

お風呂は毎日入る人が多いでしょうし、シャワーだとしても、シャンプーは毎日使います。

無添加で、経皮毒性の化学物質の含まれていないシャンプーに切り替えてもいいのではないでしょうか?


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド