経口吸収


経口吸収とは、口からものを吸収するということです。

特徴として、経皮毒や経皮性吸入に比べると、経口吸収したものは、たとえそれが経皮毒性のあるものでも分解して解毒する可能性が高い、ということです。

もともと人間の体が体外のものを口から吸収するようにできていることを考えると、自然なことですね。

特に肝臓は、経皮毒のような有害物質は90%以上分解・解毒してくれます。

かといって、10%は残る可能性があるので、体に気を使う必要があります。

また、嘔吐や下痢なども同じような有害物質排出機能のひとつです。


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド