経皮性吸入


経皮性吸入とは、呼吸によって体外の物質を吸収することです。

経皮性吸入では、空気に含まれる化学物質を呼吸によって肺に吸い込みます。
肺に吸い込まれた化学物質は、そのまま直接血液に入っていくため、有害物質の吸収率がとても高くなり危険です。

タバコはその最たるものです。
様々な化学物質を、そのままダイレクトに血液に流し込んでいるのです。

さらには、環境ホルモンも同じように経皮性吸入してしまう場合があります。

こういったもの以外にも、芳香剤や塗料、防虫剤など日用品にも経皮毒性のある化学物質を発するものがたくさんあります。


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド