経皮毒って?


経皮毒とは、皮膚から体の中に、毒(有害な化学物質)が入ってくることです。

一般に広く認知されているか、と言われればそうでもないですが、実は非常に恐ろしいものなのです。

私たちが日常使っているシャンプーや洗剤、化粧品など、様々な日用品のほとんどには、体に悪影響を及ぼす有害な化学物質が含まれています。

ところが、そういった経皮毒性のある日用品を使っていても、目に見える変化というものはさほどないのです。
つまり、体の中で、徐々に徐々に悪さをし、その結果として様々な悪影響を及ぼすものなのです。


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド