ガン


経皮毒は、ガンを引き起こす原因の一つであるといわれています。

ガンには胃ガン、肺ガン、肝臓ガン、大腸ガンなど様々な種類があり、原因も多種多様です。

医学の進歩で、「不治の病」という認識はだいぶ薄れてきましたが、まだまだ解明されていない部分が多いため治療が困難なことは間違いありません。

そういったガンの原因の一つして経皮毒も関係しているのではないかというのです。

それというのも、経皮毒性の化学物質には、発がん性のあるものがたくさんあり、特に皮膚ガンについては経皮毒性化学物質の影響が大きいと考えられています。


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド