脳への影響


脳への影響、と聞くと恐ろしくありませんか?

経皮毒と脳神経系の病気の関係も大きいと言われています。

脳神経系というのは人間の体の中でもっとも高度な機能をもち、様々なことをつかさどる司令塔です。 その脳に悪影響を及ぼすなんて怖いですね。

もちろん、防衛用の機能はあるのですが、化学物質は脂肪にとけこんで脳に侵入してしまいます。

人間の脳は60%が脂肪成分からできていますので、脂溶性の有害化学物質が体内に取り込まれると、その影響を脳が受けやすくなります。

脳に関する病気としては、アルツハイマー、パーキンソン病、多動症や学習障害、自閉症、適応障害などがあります。


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド