入浴剤


あなたは入浴剤を入れてお風呂に入ることがあるでしょうか?

良い香りのするもの、泡立つもの、いろんな効果をうたうものがありますね。

入浴剤の主な成分は重曹(炭酸水素ナトリウム)で、それ自体は特に問題ではありません。

ですが、他の成分を見てください。
香料、着色料、芳香剤など、余計な成分が含まれていると思います。

お風呂は裸で浸かるものなので、皮膚の色々なところから化学物質を吸収することになります。

ですので、できるだけそういった入浴剤は使用しないことをオススメします。

また、できれば塩素も取り除いておきたいですね。

お酢などだと非常に体にも優しく、お湯もマイルドになりますので、お試しになるのもいいかもしれません。


前の画面へはブラウザバックでお願いします。
TOPへ戻る
Copyright(C)2008
経皮毒ガイド